ながらすたいる bixlix.com

実働2日 × 週休2日 × 学遊2日 × 自由1日 で残りの人生を生きていく

「情報」だけが先走りする時代のミニマルビジネス

「情報」にはデータとインフォメーションがある。昨今はビッグデータとデータ重視の傾向があるが、小規模のミニビズは少ないデータでインフォメーションを活用する。

「モノ」と「情報」があふれる時代のミニマルビジネス

ミニビズのモノ・コト・サービスはワンストップを目指すのではなく、1つに絞り込んで豊富な情報を付加して「味わい」を作り出すことがポイント。

「ヒト・カネ・時間・場所・顧客」のまとめと「モノ・情報」とは

ミニマルビジネスは成長社旗から成熟社会へ入った日本で個人で行うビジネスのあり方です。今までのまとめと今後のことを合わせて書きました。

ミニビズのカスタマーとユーザー、そしてインフルエンサー

ミニビズの顧客とは購入者ではなく利用者である。また購入の決定に影響を与えるインフルエンサーもいる。購入者・利用者・影響者をまとめて考えずに、利用者に絞り込むのがミニビズである。

ミニビズで自分と顧客がいる場所を知る方法とは

ミニビズの場所とは物理的な空間を指すだけではなく、バーチャルな空間もさすが、その場にいる自分と顧客をどのようにつなげるかということが最も重要である。ミニビズの場所(場:ば)とは媒体でもある。

ミニマルビジネスの時計でわかる時間、わからない時間

ミニビズの時間とは時計で測る時間ばかりではなく、観察によって得られる時間もある。タイミング(時機)とチャンス(機会)は時計で知ることはできない。

ミニマルビジネスの入ってくるカネ、出ていくカネ

ビジネスの規模にかかわらずビジネスを行うからには「カネ」は常に頭に入れておかなければならない。ミニマルビジネスでのカネの考え方は...