ながらすたいる X ワークライフ・トランスフォーメーション

働き方と暮らし方が変われば生き方が変わる ワークスタイルとライフスタイルを考えるブログ

ワークスタイル ✕ ライフスタイル (1) ~ 生活パターンとリズムを考える

自宅で働くには仕事を行う環境(ワークスぺース)が必要だ。ワークスペースをつくるには動線を考えたシンプルライフが適している。ワークスタイルを変えるならライフスタイルも変えてみよう。

自宅で仕事をするときにはライフスタイルも変えなければならない

在宅ワークを一時的なことだと考えてはいけない。これからは在宅ワークができるかできないかで仕事の仕方も変わるし仕事の成果も評価も変わる時代になる。自宅という場所ではなく自律して仕事ができるかどうかが問われるからだ。

自宅で働くということは、当たり前のようで当たり前でない

在宅ワークを行うには、仕事をする環境づくりと、仕事と生活をマルチに行うマルチ・ワーク・ライフというライフスタイルが適している。仕事は仕事、生活は生活と分けて考える人は、新型コロナ禍後では通用しなくなる世の中がやってくる。

在宅ワークのカギはコミュニケーションにあり

在宅ワークがうまくいくかいかないかはコミュニケーションしだいだ。コミュニケーションが得意な人も苦手な人も、今までとは違った環境でコミュニケーションを行うので得意だからと安心せず、苦手だからと不安にならず、在宅ワークの環境を見直してはどうだ…

自宅に在宅ワークで働く環境はあるだろうか

仕事の生産性は本人の能力と仕事をする環境で決まる。在宅ワークは仕事をする環境が変わるので生産性も変わる。単に働く場所を変えただけでは生産性が下がる場合のほうが多い。生産性を下げずに在宅ワークを行う場合の考え方とは・・

在宅ワークのルールをつくればうまくいくのか?

職場での働き方のルールを在宅ワークにそのまま持ち込んでもうまくいくとは限りません。在宅ワークには在宅ワークのルールが必要です。でも職場のルールと在宅ワークのルールという2つのルールをつくるよりも、これを機会に新しいルールで働いてみてはどうで…

ワーク・ライフ・トランスフォーメーション

ワークライフバランスも働き方改革も新型コロナで考え直さなければならなくなった。大切なことは一番パフォーマンスが発揮できる働き方、一番ハッピーになれる暮らし方を自分自身で理解しているかどいうことだ