ながらすたいる bixlix.com

実働2日 × 週休2日 × 学遊2日 × 自由1日 で残りの人生を生きていく

なにからビジネスを始めるか

ミニマルビジネスを始めるときに何から始めればよいのだろうか。7つのビジネス要素と3つのカンとマーケティングネットワーク。さらに必要なのは「伝え方」だ。

ビジネスに必要な3つの「カン」

ミニマルビジネスを始めるには7つのビジネス要素と3つのカンが必要です。もう1つ必要な要素とは…

「ビジネスにリスクはつきもの」というのは本当か

リスクを理解すればリスクは怖くない。ミニマルビジネスはリスクを取りたくない人、取れない人が行うビジネス。だからと言って誰でもできるという訳ではない...

「ミニマルビジネスの始め方」をお話しする前に

人口構造が変わればビジネスの形態も変わる、新型コロナでビジネスの形態を変えるスピードに拍車がかかった。50代60代からはミニマルビジネスが…

60代はナチュラルに生きようと決めた

50代はシンプルに、60代はナチュラルに。どちらが先でもよいし、同じ意味やライフスタイルが重複している。それでもこの2つは50代60代にとっては大切なことだ。

シンプルなお金の使い方

シンプルなお金の使い方を時間軸で考える

シンプルな時間の使い方

モノが増えればモノに関わる時間も増えます。一方で時短に役立つモノもあります。シンプルな時間の使い方を考えるには・・

50代はシンプルに生きようと決めた

人生100年時代と言われて久しくなり、ライフステージを変えよう考えた人も多いのではないでしょうか。現在の日本でライフステージを変えることは容易なことではありません。変えるのではなく新しい生き方をしてはどうでしょか。

新型コロナで生活が変わる;健康管理が変わる

緊急事態宣言が解除され自粛要請も緩和されました。給付金をはじめとした支援策が行われていますので、あとは経済活動を当事者が頑張るしかないことになるます。「頑張るため」には何が必要でしょうか。

新型コロナで生活が変わる;暮らし方が変わる

新しい厄災には新しい対応が不可欠であり、「新しい生活様式」とうよりも今までの生活様式を変えなければならないのです。

新型コロナで生活が変わる;働き方が変わる

政府の専門家会議が提言している「新しい生活様式」とは、1)一人ひとりの基本的感染対策、2)日常生活を営む上での基本的生活様式、3)日常生活の各場面別の生活様式、4)働き方の新しいスタイル

新型コロナで生活が変わった;第三のライフシフト

ライフには「生命・人生・生活」という3つの意味があります。ライフの3つの意味から考えると人生のシフトだけではなく、生命のシフト、生活のシフトも考えられます...

新型コロナで生活が変わった;自粛と解除

自粛生活では「時間・経済・関係」の3つが止まりました。生きる」ということは継続した時間を持つということ、活動が止まることで経済への影響が大きくなる、人間関係を築く方法が変わった...

経済活動だけでなく社会制度を揺るがした新型コロナ

5月に入ってからコロナ禍は少しは落ち着いたように報道されていますが、ゴールデンウィークから10~14日間を経過しなければ落ち着いたかどうかは分かりません。発症するまでの潜伏期間にどれほど多くの人が感染したかわからないのですから慎重にならなくては…

在宅ワークに向いている人は3人に1人?

そんな中で外出自粛要請を受けて在宅で働く人が増えることには増えたのですが、ふだんは職場で働き、家には仕事を持ち帰らない人が在宅ワークにスムーズに移行できないことくらい誰にでもわかりそうなものです。それでも職場に行かなくてもよいというある意…

緊急事態宣言が発動されていなくても「三密」を避け、「手洗い・消毒」を心がけるのは当然です。日本人はきれい好きで公衆衛生意識が高いと言われていますので、ヒトヒト感染を理解するくらいの基礎知識は持ち合わせていると思います。

新型コロナ禍と過去への訣別

専門家会議は「PDCA」の「P:PLAN」です。次の「DO」に時間がかかり「CHECK・ACTION」を語っても感染の拡大を防げません。今はまさに「OODA」が必要です。すでに手遅れ感はありますが、今からでも、できるだけ早く体制を変えなければ高齢化は高齢禍になり、…

ヒトヒト感染でなければ今ごろ殺処分

新型コロナの感染経路の特徴は3つ、1)人から人に感染する、2)発症するまでに潜伏期間がある、3)潜伏期間でも感染力がある、そして決定的な治療方法はまだありません。

健康貧乏と時間貧乏とお金貧乏の狭間で

最近は座りっぱなしで仕事をすると下半身が痺れるような感覚になります。痺れているのではなく血行が悪くなってるのです。数年前に車で信号待ちをしているところへ後ろから追突され...

健康貧乏のススメ!

「健康貧乏」からイメージするのは、健康食品や健康器具を買いまくりお金を使い過ぎていたり、健康食品や健康器具を使っているにもかかわらずちっとも健康的ではない、というような人ではないでしょうか。前者はお金がないという「お金貧乏」で、後者は無駄…

健康貧乏になってしまった私の脱し方

病い」は概念と経験で感じる状態であり、「疾病」とは専門家による医学的根拠に基づいているという違いがあります。「健康」についても同じことが言え...

貧乏は神さまだ!

貧乏には、お金貧乏、時間貧乏、健康貧乏、心の貧乏などなど、多くの貧乏の形態があります。貧乏だからといって何かを得て貧乏を脱しようとする考え方と、貧乏は貧乏なりに工夫しようという考え方があります。私は後者でした。

在宅マネジメントと未来の社会生活

一番多かった問い合わせは自宅のWifi環境についてでした。遅い、繋がらない、印刷ができないなど職場ではふつうだと思っていたことが自宅では気になるようでした。職場のパソコンと自宅のパソコンでは環境もスペックも違うと説明しても、「スペックってなん…

新型コロナウィルスでわかったこと(健康編)

「新型コロナウィルス=死に至る」というイメージがあります。報道が過熱する一方で、どのような条件がそろうと最悪の事態になるのでしょうか。健康は個人で管理するのではなく社会船体で管理する時代

新型コロナウィルスでわかったこと(生活編)

新型コロナウィルスが生活に与えた影響は、今まで謳歌していた消費経済・消費文化の見直しを強いられます。また外出から在宅へ暮らし方についても見直すきっかけにりそうです。

新型コロナウィルスでわかったこと(仕事編)

新型コロナウイルスは日本の社会制度、特に労働環境において劇薬となっています。今まで当たり前だったことを少しずつ変えようとしてはいましたが、急転直下で変えざるをえなくなりました。変えなければならないのは仕事の内容ではなく仕事の仕方、すなわち…

人生の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

日常の「ワーク・ライフ・バランス」と同じように人生の「仕事と生活の調和」を行うことも重要である。仕事と生活の他にも「健康・睡眠・学び・遊び・移動」などの事がらについても調和を考えなければならない。

高齢社会だからこそ必要な高齢者のインターネット利用

人口構造が変われば社会制度も変わる、高齢社会だからこそ必要な高齢者のインターネットの利用が必要になる

健康と栄養は切っても切り離せない

「ながらすたいる」は「仕事をしながら、生活をしながら、他のこともしながら、人生を楽しむためのライフスタイル」です。 今回は、健康を考えながら生きていくために必要な栄養についての考え方をお話しします。

マイ・ウェルネス

「ながらすたいる」は仕事と生活をバランスを考えた「ワーク・ライフ・バランス」とは違います。「ワーク・ライフ・バランス」は「ながらすたいる」の一部です。「ながらすたいる」は「仕事をしながら、生活をしながら、他のこともしながら、人生を楽しむた…