ながらすたいる bixlix.com

実働2日 × 週休2日 × 学遊2日 × 自由1日 で残りの人生を生きていく

持っているから捨てる、持たないと捨てられない ~ 50代60代のシンプルライフ

シンプルライフは「持たないこと」を旨とする考え方が多いと思います。 また、捨てること、お気に入りのものだけ持つこと、必要なものだけ持つことという考え方もあります。どの考え方も当たっているようで重複と矛盾が生じてしまいます。 50代60代ではどの…

初心者におすすめのキャッシュレスは? ~ 50代60代のためのキャッシュレス講座 その3(初心者編)

今回はキャッシュレスライフを実際に行うためには、どんな方法があるのかを「楽天グループ」の場合で説明します。 キャッシュレスライフには必ずしもインターネットが必要ではありませんが、あったほうが便利ということを頭に入れてお読みください。

プリペイドは先払い、ポストペイは? ~ 50代60代のためのキャッシュレス講座 その2(初心者編)

「現金(キャッシュ)」を「使わない(レス)」でどのように支払うかをお話します。 どのようなライフスタイルでも完全自給自足でない限りは「お金」は必要です。 この場合の「お金」とは「現金」のことではありません。

キャッシュレス・・ってなに? ~ 50代60代のためのキャッシュレス講座 その1(初心者編)

消費税10%に便乗してキャッシュレス商法が政府も交えて花盛りです。 だからといって、これを機にキャッシュレスにする人が急激に増えるとは思えません。 キャッシュレスをスマホ払いやポイント還元と勘違いしている人もいますね。 キャッシュレスはこんな人…

50代60代のための消費税10%と電子マネー

なにが軽減税率の対象になって、キャッシュレスはなにがお得なのかは、テレビでも雑誌でも特集が組まれています。 消費税が上がるたび、新しい決済方法が登場するたびに特集が組まれますが、もって2周間です。 毎回気がついたときには一番便利な方法で諸費税…

元号が変わったからといってなにも変わらない

// 主要先進国:独・英・日・米・仏・加・伊 主要先進国だけでなく先進国自体が古いというか、死語同然の言い方になっている。先進国の意味も曖昧で、「高度な工業化を達成し、技術水準 ならびに生活水準の高い、経済発展が大きく進んだ国家(Wikipedia)」…

シンプルライフの空気感には光と風が必要だ

// シンプルライフを意識するようになって私が大切にしていることのひとつが「距離感」であることを前回お話した。距離感と同じくらい大切にしていることに「空気感」がある。 // 空気感とは距離感を保つための空間 モノとモノとの距離、ヒトとモノとの距離…

シンプルライフには距離感が大切だと思う

私にとってシンプルライフに大切なことのひとつに距離感がある。距離感とは自分の在り方でもある。

人生後半戦のシンプルライフ ~ 心の持ち方

シンプルライフといっても人それぞれ、今までの経験と自分の個性で数限りないシンプルライフのスタイルがあると思う。シンプライフのスタイルは様々でも心の持ち方に共通することがあるのではないだろうか...

シンプルライフの時間と人間関係は〇〇〇から

本人は時間に几帳面だと言う人がいる。それは外国人が言うことであり、日本人が日本人のことを几帳面と言っているのではない.... 金八先生が「人という字は、ひとりの人がもうひとりの人を支えている字です」と言ったとか...

シンプルライフには「あそび」が必要なんだってば

「あそび」とは本来の目的に対する動きとは異なった動きに使う。「あそび」には2つの意味がある。ひとつは本来の動きとは関係の内容に思える「戯れ」という意味であり、もうひとつは本来の動きを補助するための「ゆとり」という意味...

シンプルな考え方の仕上げには

シンプルに考える3つの方法とは、ディレクトリーで考える、マトリックスで考える、そして…

ながらすたいる流のシンプルな考え方

シンプルに考える方法として「ゼロイチ」の他に「二本線」で考える方法がある。その方法とは...

「シンプルライフ」と「ながらすたいる」

シンプルライフは、モノを捨てることでもなく、整理整頓することでもなく、オシャレなモノに囲まれた暮らしをすることでもない...

「ながらすたいる」ってなんだ?

「ながらすたいる」は仕事もちゃんとしながら暮らしもちゃんとする、そして仕事と暮らしともうひとつ、自分らしいことをしよというのが「ながらすたいる」

人生後半戦の自分の価値観と心の持ち方

自分の価値観と自分探しとは違う。自分探しは迷いの証で、自分の価値観は現実の認識である。人生後半戦の自分探しは悪くはないが、自分の価値観を再認識することのほうが先ではないだろうか...

人生後半戦はゆとりを持って生きる

忙しいのが好きな人の特徴として、どのようなことでもスケジュール化してしまう傾向があるように思う。仕事をする上では大切なことだが、スケジュール化にも落とし穴がある...

忙しいのが好きな人は依存症かもしれない

「ながらすたいる」は仕事もちゃんとしながら暮らしもちゃんとすることを目的にしている。さらに仕事と暮らしともうひとつ、自分らしいことをしよというのが「ながらすたいる」が意味する生き方だ...

シンプルライフについて話そう(3)動線とデッドスペース

「コンパクト」と「捨てる」だけではシンプルなくらしはできない。動線とデッドスペースをOODAので考えよう…

シンプルライフについて話そう(2)捨てる

// シンプルライフと言えば断捨離という言葉が返ってくるほど定着しているのではないだろうか。特に「捨てる」という行動は難しいようだ。ただ、持っているから捨てるのであって、もともとモノが少なければ捨てるモノもないのだが。 もったいないと捨てる リ…

シンプルライフについて話そう(1)コンパクト

ミニマルにもシンプルにも共通する考え方として「コンパクト」がある。コンパクトからイメージすることは「軽薄短小」にまとめられる。従来の製品より軽量化・薄型化・小型化することが目的と...

ミニマルビジネスを始めよう(3)ワークスタイル

今回はミニマルビジネスのワークスタイルについてお話してみたい。生活にライフスタイルがあるように、仕事にもワークスタイルがある。ミニマルビジネスのワークスタイルとは・・

ミニマルビジネスを始めよう (2)好きなこと

好きなことを仕事にするという話はよく聞くようになったが、ミニマルビジネスは好きなことを仕事にするのではない、それは...

ミニマルビジネスを始めよう(1)ヒト・モノ・カネ

ミニマルビジネスのミニマルとは最小限・最低限のことを行うビジネスという意味ではない...

頭と心の健康は自分でコントロールできるか

体」に対して「頭」と「心」を分けて健康を考える。「頭」の所在は頭脳であるが「心」の所在は...

体の健康は自分でコントロールできる

体・頭・心の健康のうち、今回は体の健康について体の健康について考えてみたいと思う。体の健康は生まれたときがゼロの状態である...

健康抜きには考えられない仕事と生活

人生の土台には仕事と生活の他に健康がある。健康とは何だろうか、医学的でも科学的でもない常日頃感じている健康とは...

働き方改革と同時に暮らし方改革を

働き方改革すなわちワークの改革だけでワーク・ライフ・バランスの目的である「健康で豊かな生活」を得ることができるのだろうか。片手落ちだろう...

健康で豊かな生活のためのバランス

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)という言葉が世の中に定着している。だが個人的には好きではない。なぜなら...

ミニマルビジネスとシンプルライフ

ミニマルビジネスもシンプルライフも決まった型がある訳ではなく共に考え方である。 「ながらすたいる」ではビジネスはミニマルに、ライフスタイルはシンプルにと考えている。