ながらすたいる bixlix.com

実働2日 × 週休2日 × 学遊2日 × 自由1日 で残りの人生を生きていく

ミニマルビジネス

「情報」だけが先走りする時代のミニマルビジネス

「情報」にはデータとインフォメーションがある。昨今はビッグデータとデータ重視の傾向があるが、小規模のミニビズは少ないデータでインフォメーションを活用する。

「モノ」と「情報」があふれる時代のミニマルビジネス

ミニビズのモノ・コト・サービスはワンストップを目指すのではなく、1つに絞り込んで豊富な情報を付加して「味わい」を作り出すことがポイント。

「ヒト・カネ・時間・場所・顧客」のまとめと「モノ・情報」とは

ミニマルビジネスは成長社旗から成熟社会へ入った日本で個人で行うビジネスのあり方です。今までのまとめと今後のことを合わせて書きました。

ミニビズのカスタマーとユーザー、そしてインフルエンサー

ミニビズの顧客とは購入者ではなく利用者である。また購入の決定に影響を与えるインフルエンサーもいる。購入者・利用者・影響者をまとめて考えずに、利用者に絞り込むのがミニビズである。

ミニビズで自分と顧客がいる場所を知る方法とは

ミニビズの場所とは物理的な空間を指すだけではなく、バーチャルな空間もさすが、その場にいる自分と顧客をどのようにつなげるかということが最も重要である。ミニビズの場所(場:ば)とは媒体でもある。

ミニマルビジネスの時計でわかる時間、わからない時間

ミニビズの時間とは時計で測る時間ばかりではなく、観察によって得られる時間もある。タイミング(時機)とチャンス(機会)は時計で知ることはできない。

ミニマルビジネスの入ってくるカネ、出ていくカネ

ビジネスの規模にかかわらずビジネスを行うからには「カネ」は常に頭に入れておかなければならない。ミニマルビジネスでのカネの考え方は...

ミニマルビジネスの人材とは自分自身

ミニマルビジネスの要素に「ヒト」があります。「ヒト」に要求されるポイントは3つ、現在の自分はミニマルビジネスを行える人材か客観的に判断してみましょう。

ミニマルビジネスとシンプルライフ

ミニマルビジネス、シンプルライフ、ハイウェルネスを別々に考えるのではなく、同時に考え実践していくのが「ながらすたいる」という生き方としてのライフスタイルです。

ミニマルビジネス7つの要素で最も重要なのは

ミニマルビジネスで最も重要なのは顧客である。最初の顧客は自分であり、自分を顧客として客観的に観察することからミニマルビジネスは始まる。

なにからビジネスを始めるか

ミニマルビジネスを始めるときに何から始めればよいのだろうか。7つのビジネス要素と3つのカンとマーケティングネットワーク。さらに必要なのは「伝え方」だ。

ビジネスに必要な3つの「カン」

ミニマルビジネスを始めるには7つのビジネス要素と3つのカンが必要です。もう1つ必要な要素とは…

「ビジネスにリスクはつきもの」というのは本当か

リスクを理解すればリスクは怖くない。ミニマルビジネスはリスクを取りたくない人、取れない人が行うビジネス。だからと言って誰でもできるという訳ではない...

「ミニマルビジネスの始め方」をお話しする前に

人口構造が変わればビジネスの形態も変わる、新型コロナでビジネスの形態を変えるスピードに拍車がかかった。50代60代からはミニマルビジネスが…

ミニマルビジネスを始めよう(3)ワークスタイル

今回はミニマルビジネスのワークスタイルについてお話してみたい。生活にライフスタイルがあるように、仕事にもワークスタイルがある。ミニマルビジネスのワークスタイルとは・・

ミニマルビジネスを始めよう (2)好きなこと

好きなことを仕事にするという話はよく聞くようになったが、ミニマルビジネスは好きなことを仕事にするのではない、それは...

ミニマルビジネスを始めよう(1)ヒト・モノ・カネ

ミニマルビジネスのミニマルとは最小限・最低限のことを行うビジネスという意味ではない...