ながらすたいる X ワークライフ・トランスフォーメーション

働き方と暮らし方が変われば生き方が変わる ワークスタイルとライフスタイルを考えるブログ

生活と暮らし方

自宅で仕事をするときにはライフスタイルも変えなければならない

在宅ワークを一時的なことだと考えてはいけない。これからは在宅ワークができるかできないかで仕事の仕方も変わるし仕事の成果も評価も変わる時代になる。自宅という場所ではなく自律して仕事ができるかどうかが問われるからだ。

人生の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)

日常の「ワーク・ライフ・バランス」と同じように人生の「仕事と生活の調和」を行うことも重要である。仕事と生活の他にも「健康・睡眠・学び・遊び・移動」などの事がらについても調和を考えなければならない。

早く考え、早く行動し、早く終る方法とは?

仕事と生活は別々の行っているようで同時進行しています。この場合の同時進行とは同時に仕事と生活を行っているのではなく、仕事と生活を行ったり来たりしているのです。ではどのようにしたら仕事と生活を行ったり来たりできるのでしょうか。

ながらすたいるとライフワーク

「ライフワーク・バランス」は生涯の仕事と生活と、日常の仕事と生活のバランスを取ることを目的とし、長期的な期間の中でのバランスを取るための方策

人生後半戦のシンプルライフ ~ 心の持ち方

シンプルライフといっても人それぞれ、今までの経験と自分の個性で数限りないシンプルライフのスタイルがあると思う。シンプライフのスタイルは様々でも心の持ち方に共通することがあるのではないだろうか...

シンプルライフの時間と人間関係は〇〇〇から

本人は時間に几帳面だと言う人がいる。それは外国人が言うことであり、日本人が日本人のことを几帳面と言っているのではない.... 金八先生が「人という字は、ひとりの人がもうひとりの人を支えている字です」と言ったとか...

シンプルライフには「あそび」が必要なんだってば

「あそび」とは本来の目的に対する動きとは異なった動きに使う。「あそび」には2つの意味がある。ひとつは本来の動きとは関係の内容に思える「戯れ」という意味であり、もうひとつは本来の動きを補助するための「ゆとり」という意味...

シンプルライフについて話そう(3)動線とデッドスペース

「コンパクト」と「捨てる」だけではシンプルなくらしはできない。動線とデッドスペースをOODAので考えよう…

シンプルライフについて話そう(2)捨てる

// シンプルライフと言えば断捨離という言葉が返ってくるほど定着しているのではないだろうか。特に「捨てる」という行動は難しいようだ。ただ、持っているから捨てるのであって、もともとモノが少なければ捨てるモノもないのだが。 もったいないと捨てる リ…

シンプルライフについて話そう(1)コンパクト

ミニマルにもシンプルにも共通する考え方として「コンパクト」がある。コンパクトからイメージすることは「軽薄短小」にまとめられる。従来の製品より軽量化・薄型化・小型化することが目的と...

シンプルな時間の使い方~パターン化をしてもうまくいかないのは?

「シンプル=質素=贅沢でない」「シンプルな時間の使い方」についてお話ししてきました。今回は「シンプルな時間の使い方とパターン化」についてお話ししたいと思います。 (文体を「だ、である」から「です、ます」に変えてみました)

シンプルライフでもっとも大切なことは時間の使い方である

誰もが同じように1日24時間を与えれれています。同じ時間でも24時間の時間の使い方は人それぞれ違います。シンプルライフでもっとも大切なのは時間の使い方をシンプルに考えることです。

シンプルライフには基準・標準が必要である

「シンプルライフ」が関わる範囲は生活全般に渡りますし、大きく考えると人生全般にも関わります。「シンプルライフ」って心地のよい素敵な言葉だと思いますが、その意味することはどんなことなのでしょうか。