ながらすたいる bixlix.com

実働2日 × 週休2日 × 学遊2日 × 自由1日 で残りの人生を生きていく

60代はナチュラルに生きようと決めた

60代はナチュラルに生きようと決めた|ながらすたいる bixlix.com

 

 

 

 

 

以前の記事で「50代はシンプルに生きようと決めた」を掲載しました。今回は60代の話です。50代がシンプルなら60代は何だ?と考えると、シンプルの次はナチュラルになりました。ナチュラルの意図するところは「自然体」です。

 

自然体(ナチュラル)が先か、シンプルが先か

 

私は50歳からシンプルな暮らし方を始めると働き方もシンプルに変えざるを得なくなりました。最初は事務所を借りていたものの、1年で自宅(実家)の一室を事務所にして働き始めました。と書くといとも簡単に順調に進んだかのように思うかもしれませんが、紆余曲折、艱難辛苦、臥薪嘗胆の日々を送りました。

 

結果的に「我慢して頑張ってシンプルにすることはない」という気持ちにになり現在に至っています。実家の一室を事務所にしたのも両親の介護をするにはこの方法が自然だったからです。50代半ばにしてシンプル&ナチュラルを心がけるよういなりました。

 

座右の銘

 

50代前半で狭心症になったこともありますが、座右の銘が「頑張らない、無理しない、我慢しない」となりました。怠け者のセリフのようですが、肉体的にも精神的にも過剰なストレスが自分の身に降りかかっていた時期なので、暮らしをシンプルにするだけではストレスから逃れられなかったようです。

 

「頑張らない、無理しない、我慢しない」と決めると他の人との協調性がなくなると思うかもしれません。すべてを自分で決め、自分のペースで暮らし、自分のペースで働くことになります。他の人と比較しなければ、自分のペースが早かろうと遅かろうと気にならなくなりました。

 

そうなると時間の使い方もお金の使い方もシンプルになりました。

 

 

 

仕事とお金と社会のため

 

1つめの仕事は、本業で行っていた仕事を個人で引き受けられる仕事だけを残し、他の仕事は取引先に理解をしたいただき他の業者へ契約を移管しました。本当なら儲かる仕事が多かったので、これらを残して儲からない仕事を辞めるべきだったのでしょうが現実はそうはいきませんでした。

 

2つめは、副業で行っていた仕事はもともと私一人で行っていましたし、ネットでの仕事が主流でしたので自宅で行うには適していたのです。ただ本業ほど儲からないので、本業の空き時間に行う程度でした。本業が縮小すると副業が大きくなるというこよはありません。そもそも副業だからという意識で行っていたので仕事の仕組みが儲かる仕組みではなかったのです。

 

ボランティア

 

3つめは、ボランティアです。ボランティアは仕事ではないという方もいるでしょうが、私にとっては仕事なのです。

  • 本業の仕事 : お金のため > 社会のため
  • 副業の仕事 : お金のため = 社会のため
  • ボランティア : お金のため < 社会のため

 

こんな感じです。まったく同じことを行っていても、自分が何を目的とするかによって変わってきます。両親が世話になっていた介護施設で同じ仕事そしていても、職員・パート・ボランティアがいるのです。その場その場での仕事内容は変わらないのに身分というか立場が違うんですね。


私がボランティアを行おうと思ったのはお金を抜きにして働いてみたかったからです。

 

 

 

副業を行うのは自分のため

 

この記事の中に次のような部分があります。

 

副業・兼業の効果というと、一般的には本業への相乗効果や意欲の向上などがさまざまな調査結果から指摘されています。しかし、副業・兼業をやる本当の意義は、自分にとって仕事の意味や人生における仕事の位置づけを考えることにあるのかもしれません。

 
本業を辞めてみてわかったことは、「自分にとっての仕事の意味付けを行っていなかった、人生後半戦の仕事の位置づけを考えていなかった」です。いっぱしに「仕事とは・・」とぶっていたこともありますが、それは他の人との比較でしかなかったのです。

 

自分のための仕事とは

 

「頑張らない、無理しない、我慢しない」という座右の銘だけで自分のための仕事がどう意味を持つのかは分かりませんでした。ただこの座右の銘のおかげで心にゆとりを持てました。儲からない仕事よりも儲かる仕事のほうがいいに決まっていますし、社会のためにならない仕事よりも社会のためになる仕事のほうがいいに決まっています。

 

60代はナチュラルに生きようと決めた|ながらすたいる bixlix.com

 

ひとりで仕事をするには3つを同時に行うことはできないので、1つの仕事に3つの要素を含めるか、3つの仕事を分けて1つづつ自分の仕事にしていくか、3つの仕事を時間帯で分けて行うかになります。私は最初に時間で分ける方法を取りましたが、最初に予定していた時間帯を過ぎても次の仕事に移ることはできませんでした。


それはまったく違う仕事を3つ行っていたからです。

 

 

 

複数の仕事を同時に行う、1つの仕事を複数の方法で行う


結局、私の場合はひとりで行う仕事には限界があり、他の人の力を借りなければ複数の仕事はできませんでした。ひとりで行う仕事は1つしかない、という結論です。これでは生活に必要なお金を稼ぐことができるかどうか分かりませんし、お金を稼げても座右の銘に反する仕事になるかもしれません。


そこで1つの仕事を他の方法でできないかと考えたのです。同じ仕事でも3つの方法で考えてみることにしました。例えば「パンを作る」という仕事を、パンを売って儲ける、売ることは考えずに美味しいパンを作る、パンづくりを無料で教えるというようにです。


すべての仕事はこのようにして考えられます。1つの方法で複数の仕事を行うのではなく、3つ(複数)の方法で1つの仕事を考えてみてはどうでしょうか。50代から考えれば60代には間に合います。まずは1つの仕事を見つけることから始めることにはなりますが・・。