ながらすたいる bixlix.com

実働2日 × 週休2日 × 学遊2日 × 自由1日 で残りの人生を生きていく

ミニマルビジネスの人材とは自分自身

ミニマルビジネスの人材とは自分自身|ながらすたいる bixlix.com

 

 

ミニマルビジネスの7つの要素のなかで「ヒト」が今回のテーマです。経営資源の「ヒト」とは人材を意味しますが、ミニマルビジネスでは「ヒト=自分自身」となります。(以下、ミニビズ=ミニマルビジネス)

 

人材として自分を評価する

 

自分のプロフィールもしくは履歴書を書いてみようというのではありません。大学新卒ならおおよそ20年間の経歴となりますが、人生後半戦ともなればその2倍の経歴があります。良い時期もあれば悪い時期もあるはずですがプロフィールや履歴書には良いことばかり書かなければなりません。

 

人を評価する時には、その人の過去と現在から評価します。決して未来からは評価しません。将来性や伸びしろは期待値であり、評価とは別の観点からの判定です。ミニビズで自分を評価する時には現在だけにフォーカスします。

 

採用試験ではありませんので、アピールする必要もありませんし、過去のブラックな部分をさらけ出す必要もありません。自分の現在の価値を客観的に判断することができるかどうかが重要なポイントになります。

 

そのポイント選びが自分自身の評価だと言えるでしょう。

 

 

ポイント(その1) 健康状態は?

 

ミニビズは自分自身がビジネスの中心になります。ミニビズは継続することに意義がありますので、物理的な健康を維持できなければ継続することはできません。この場合の「健康」とは狭義のヘルスの意味であり、広義のウェルネスの意味ではありません。

 

肉体的な健康状態を客観的に評価するには、加入している健康保険組合のホームページで紹介してい見るか、自治体が国民健康保険加入者を対象に行っている健康診断を受けることが最も簡単でリーズナブルです。数値による健康診断結果は健康管理の第一歩です。

 

健康状態は健康診断に加えて体力判定も必要です。自治体や民間施設で行っている体力測定を定期的に参加して記録することで客観的評価ができます。また個人・団体を問わずにスポーツまたはトレーニングを行っていることも体力評価になります。

 

これらの数値を基に日常で「栄養・運動・睡眠」で心がけていることを箇条書きにします。

 

 

 

 

 

ポイント(その2) スキルとキャリア

 

ミニビズではスキル重視です。キャリアはスキルの裏付けとなるエビデンス(証明)であれば価値がありますが、単なる在席や参加では裏付けにはなりません。キャリアを証明するにはどのような業務のどのような職務を担当し、成果の有無が明確にする必要があります。

 

最もスキルを証明とする方法に資格があります。資格には国家資格と民間資格、また評価する側が希望する資格、更新の有無がある資格もあります。ミニビズの場合は自分が何を目的として資格を取ったかとその資格をどう生かしているかがポイントになります。

 

資格がない場合は、自分にはどのような知識と知識を活かした経験があるかを簡潔に説明できなければなりません。更新のない資格は過去に授与した賞状や勲章のようなもので現在の評価とは結び付きません。自分がどのような能力があるのかを表す別の方法、成果物などを用意する必要があるでしょう。

 

スキルとキャリアは自己アピールを行う場合と自分の評価を行う場合では異なったアプローチが必要です。

 

 

ポイント(その3) ミニビズのビジョン

 

ミニビズを始めるときに考えるのが「好きなこと・得意なこと・できること」の3つがあります。「やりたいこと」はこれら3つの上に成り立ちます。これら3つのどれがきっかけになってもよいのですが、ポイントはミニビズを始めたときにどのようなことが起きるかをビジョンとして語れるようにします。

 

ミニビズの他の要素と関連あるので、それぞれの要素についてミニビズを始める前と後ではどのような変化が起きるかをまとめます。ビジョンを実現するために補強しなければならない要素がある場合はそれを明確にします。

 

ミッション、バリューといったビジネスにおける経営方針よりも、ミニビズでは自分自身の気持ちを最前面にだして表現する必要がありますので明確なビジョンがなによりも必要です。ビジョンこそがビジネスとして「やりたいこと」を表現しているはずです。

 

ミニビズのビジョンをいきなり考えるよりも「好きなこと・得意なこと・できること」から考えるのはこのためです。

 

 

 

 

 

「ヘルス・スキル・ビジョン」

 

ミニビズは小さければ小さいほど始めやすいですが、最初からビジネスになるとは限りません。最初はビジネスを知ってもらい、次にファンを増やし、その次に顧客になってもらうというステップが必要です。

 

その道のりは短いかもしれませんし、長いかもしれません。始めてみなければわからないことも多くまります。この顧客になるまでのステップをただ待っているわけでは時間がかかりますが、少なくとも自分のモチベーションを維持する必要があります。

 

モチベーションを維持するためには「ヘルス・スキル・ビジョン」の3つが必要です。この3つのポイントを自分が備えているかどうかがミニビズの「ヒト」となります。

 

現在の自分はミニビズを行える人材でしょうか。

 

 

    

 

【9/12まで】Echo Show 5、 Echo Dot、 Echo Dot with clock が40%OFF