ながらすたいる X ワークライフ・トランスフォーメーション

働き方と暮らし方が変われば生き方が変わる ワークスタイルとライフスタイルを考えるブログ

ワーク・ライフ・トランスフォーメーション

ワーク・ライフ・トランスフォーメーション|ながらすたいる www.bixlix.com

 

 

政府主導の「ワーク・ライフ・バランス憲章」が唱えられてから10余年、「働き方改革」が唱えられてから3年余が経ちました。いろいろと計画していたこともあったでしょうが、新型コロナで頓挫した計画も多いことでしょう。いったいこれからの働き方と暮らし方はどのように変わるのでしょうか。

 

ワーク・ライフ・バランスとは

 

ワーク・ライフ・バランスを日本語で表すと「仕事と生活の調和」だそうですが、議論されているのは、ワークタイムとライフタイムのタイムバランスが多いようです。同じ時間に仕事と生活を同時進行するのではなく、仕事と生活を分けて考えるということが基本になっています。

これに対してワーク・ライフ・ミックス、ワーク・ライフ・ブレンドというように、仕事と生活を同時進行ではなく交互に行うという考え方もあります。その他にもワーク・ライフ・インテグレーションですとか、ワーク・ライフ・イノベーションという考え方もあるようです。

最近では「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」という用語をよく目にしますので、そのうちワーク・ライフ・トランスフォーメーションという言葉が使われるかもしれません。トランスフォーメーションの意味は「変形・変容・変質」という意味ですので、要は「変わる」ということです。

新型コロナ禍以前は一般的でなかった在宅勤務、在宅ワークは、ワーク・ライフ・バランスでも働き方改革でも、近々のことではなく、そのうちと思っていた人も多いのではないでしょうか。ところが、在宅ワーク、在宅勤務が新型コロナで徐々に定着するようになると、「働く場所」についての考え方が変わってきています。

 

 

 

働く時間と働く場所 

 

新型コロナによって働く時間と場所についてトランスフォーメーションが否が応でも要求され、対面で行われていた仕事の多くが在宅でも可能と判断されています。一方、在宅で働くことで懸念されたのが、勤務状況と勤務時間です。要するにちゃんと働いているかということです。

何を思ったか監視ソフトを導入したり、在宅で仕事をするには信頼関係が必要だというようなお門違いの議論が当初はされました。また在宅で仕事をすることをきっかけにハンコ廃止や通信料金の値下げまで政府主導で行われるのは、基本的なことが新型コロナ前の基準とワークフローに則っているからです。

私は新型コロナ前から自宅オフィスで仕事をしているので、大きく変わったこともなく仕事ができました。ところが仕事相手が在宅で仕事をする環境が整っていない場合は、二度手間三度手間になったこともあります。(FAXで送るからと言われたのには閉口してしまいました・苦笑)

いくらトランスフォーメーションしようが、基本的な考え方やその元となる基準が曖昧なままでは、いくら在宅勤務、在宅ワークをしようが新型コロナが落ち着いたらまた会社で顔を付き合わせて仕事をすることになると思います。(案の定、私の周りでは7‐8割が元の勤務体制に戻っています)

 

ワークタイムとワークプレイス

 

ワーク・ライフ・バランスは時間のバランスばかりで場所のバランスはあまり検討されていませんでした。長い間、職住分離が当たり前で、最近になって職住近接、さらに職住分散と考えるようになってきましが、基本的な考え方と基準は職住分離のままです。

基本的な考え方と基準はこのようにすべきだという正解はありません。みんなで話し合って、会社が決めるまで、国が方針を出すまで・・、と言っていたのではいつまで経っても決まらないことは誰もがわかっているはずです。

私が考える基本的な考え方は、どのような時間にどのように働くと最高のパフォーマンスが発揮でき、50%以下になるのはどのようなときか、ということを自分で判断することから始まります。

例えば、集中して働く人ならば5時間、反復する作業が得意な人は10時間、というように個人の資質と仕事の内容によって変わるはずです。誰もがどんな仕事の内容でも8時間は働くということ自体に矛盾が生じています。

働く場所も同じで、個室で働いたほうが向いている人もいれば、大勢で働くほうが向いている人もいるでしょうし、場所を選ばない人もいるでしょう。整然とした環境のほうが働きやすい人もいれば、自分の好きなものを周りに置くほうがよい人もいるでしょう。

パソコンや通信環境が現在のように整っていない時代、またデータ管理やアプリケーションが現在のようになかった時代は、個々の仕事の時間と場所を個別に管理することは難しかったかもしれませんが、基本的な考え方と基準さえ変えれば現在では可能なことが多くなっています。

 

 

 

過去と現在の延長線上に未来があるとは限らない

 

少し前まではイノベーションという用語がよく使われ、現在はトランスフォーメーションが新しい用語として使われてきています。イノベーションは「革新・新基軸」という意味ですし、トランスフォーメーションは「変形・変容・変質」という意味です。

基本的な考え方を変え、新しい基準をつくるのは、今までの働き方と暮らし方を作り支えてきた人ではなく、新しい働き方と暮らし方を行っていく人に委ねなければなりません。この「委ねること」を拒んでいることが最も問題だと思うのですが、どうでしょうか。