第二の人生を考えるから、第二、第三の人生パターンを考える

第二の人生を考えるから、第二、第三の人生パターンを考える

 

 

50代60代になると第二の人生について考えることがありませんか。第二の人生を定年後の人生と考えているかもしれません。特に終身雇用が染みついている昭和戦後生まれ世代にとってはありがちです。それでは遅すぎます。

 

人生100年時代の第二の人生

 

定年が65歳になることが決まり、2025年からすべての企業に義務化されます。実際には移行期間があり、すでに65歳定年と同じ状況になっています。昭和戦後生まれ世代が仕事に就いたのは20歳前後でしょうか。65歳まで働くと約45年は働くことになります。

定年と終身雇用は同じ労働制度の中で考えられ、1つの組織で定年まで働くことが約束されています。定年を設けることによって新しい人材を定期的に迎えることができるメリットがあります。しかしながら、定年を迎えるまでにはもう1つ、年功序列という組織を硬直化させる暗黙の制度があります。

組織内でジョブローテーションを行い、組織が硬直化しないようにする方法もありますが、これは組織内での転職の他なりません。組織外への転職は40歳までに行うことを勧められるのは、20歳前後から働き始めてかつての60歳定年のちょうど中間地点だったからでしょう。

定年が第二の人生ではなく、今までも転職時期となる40歳が隠れた第二の人生の始まりになっていたのです。

 

人生100年時代の人生サイクル

 

隠れた定年に気づかずに50代60代になってしまい、すでに遅いと思うかしれません。「定年まで働く」という考え方なら遅すぎると言えます。人生100年時代というのは働いている期間ではなく人生という期間です。人生を働いている期間と働いていない期間の2つに分けて考える必要はありません。

人生にはいろいろな期間があり、複数のことが同時に進行する期間もあります。L・グラットン教授の「ライフシフト」も同じ考え方です。仕事中心の人生ではなく、人生の中の仕事期間として考える発想の転換が必要です。ただし時間とお金の使い方によっては、仕事がメインとなる期間もあります。

50代60代とは言っても50歳から69歳まで20年間ありますので、仕事だけに時間を使うとは限りません。「やりたいこと・好きなこと・できること・得意なこと・やらなければならないこと」の5つは明確になっているでしょうか。現在の自分に合わせて5つのことを時間とお金の配分に重ねてみてください。

人生は一度だけですが、ワンパターンではありません。第二の人生ではなく第二、第三のパターンに変えるには年齢は関係ありません。

 

今までの人生グラフと50代60代からの人生パターンを考える

 

今までの人生パターンは言葉で表すよりも人生グラフとして表したほうが考えやすいと思います。人生グラフは「お金・時間・気持ち」の3つに分けます。グラフの中に書き込むのは、睡眠を除いた大きなイベント毎に折れ線で表します。グラフの目盛りは自分の感覚に合わせて考え、人生のイベントをトピックとして書き込みます。

50代60代からの人生パターンを、「やりたいこと・好きなこと・できること・得意なこと・やらなければならないこと」を表にして書き出し、現実的かどうかをパーセントで記入します。感覚的な作業から始め、具体的な行動に移すのはパーセントの高いものから行っていきます。

50代60代からの人生を考えようとするなら、誰にも見せる必要はありませんので、自分の心の中を整理してはどうでしょうか。

 

(続く)

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/o/officenagasawa/20210210/20210210100530.jpg  f:id:officenagasawa:20210210101403j:plain